Career V International Ltd.
World Map
キャリア転職・就職支援、求人情報サイト
|
 ホーム 
|
 お問い合せ 
|
 サイトマップ 
|
 個人情報保護方針 
|
 English Version 

医薬系トピックス

先端医療、欧州勢が本腰 高齢化社会で政府後押し

 欧州で再生医療などの早期実用化へ向け、大学や国の研究機関、企業、病院などが連携する研究開発拠点の整備が相次いでいる。高齢化社会の進展で医療関連産業の成長性は高いと判断。厳しい財政状況でも、各国政府は研究助成や起業支援に力を入れる。
 英政府やエディンバラ大学などは今年5月、スコットランド東部のエディンバラに「スコットランド再生医療センター」と起業支援施設「ナイン」を開設した。再生医療センターは建設費5400万ポンド(約66億円)。クローン羊「ドリー」の開発者イアン・ウィルムット教授ら約250人の幹細胞研究者を集める。
 エディンバラ人から生まれたベンチャー企業は「昨年だけで約40社ある」 (バイオクォーターのダイアン・ハービソン事業開発部長)。今後、さまざまな組織に育つ・IPS細胞を新薬開発や再生医療に使う研究や事業も増える見通しという。
 ドイツ政府が2007年に導入した「先端クラスター・コンペティション」制度で選ばれたドイツ南部の「欧州メディ力ルバレー・ニュルンベルク地域(EMN)」も成果をあげ始めた。シーメンス・ヘルスケアやフリードリヒ・アレグザンダー大学エアラングン・ニュルンベルク校、フラウンホーファー集積回路研究所を中心に診断・画像技術を開発する。地域の約65の医療機関や米国の大学などの協力を得て、臨床試験も加速する。
 製品化間近の技術も多い。同研究所は呼吸や心拍数のセンサーが付いた洗濯可能なTシャツを開発した。サッカー選手の健康管理用にユニホームに取り付けられないか国際サッカー連盟(FIFA)に打診中だ。
 フランスでは05年に始めた「産業競争カクラスタ土が軌道に乗り始めた。バイオ・医療分野で120のプロジェクトを選定。政府の助成額は約2億2000万ユーロ(約213億円)に連した。14年にはパリ近郊サクレーに大学を新設する計画。教員ら1万500人、学生4万8000人を集め、国立科学研究センターや原子力庁と協力する。
 欧州連合(EU)も先端医療プロジェクトを推進している。10年に始まった「組織工学・再生医療プロジェクト」には仏独やスウェーデンなどの10を超える研究機関が参加。パーキンソン病や糖尿病の治療などに再生医療の応用を目指す。
 欧州には独シーメンスやオランダのフィリップスなど医療機器の有力企業があり、医療関連産業は欧州経済のけん引力になると期待されるが、再生医療研究などでは日米との競争が激化。韓国や中国も追い上げており各国の危機感は強い。
 「財政は厳しいが医療技術は今後も最優先項目の一つ」 (ドイツ教育研究省の医療関連予算担当者)と投資を続ける方針だ。研究から臨床への橋渡しや産業育成は日本でも難航しているだけに、欧州の多様な試みは戦略づくりの参考になる。

2012.09.06

Career V International Ltd.

キャリアVインターナショナル社

〒141-0032 東京都品川区大崎 3-15-11
E-Mail : TEL : 03-5487-1285
URL : http://www.careerv.com/
QRコード
Copyright© 1997-2018 Career V International Ltd. All rights reserved.