Career V International Ltd.
World Map
キャリア転職・就職支援、求人情報サイト
|
 ホーム 
|
 お問い合せ 
|
 サイトマップ 
|
 個人情報保護方針 
|
 English Version 

金融系トピックス

米国でファンド、M&A活況 巨額MBOも 企業の改革後押し

 米国で投資ファンドによる企業のM&A(合併・買収)が急増している。今年2月中旬までのファンドによる買収額は前年同期の6倍強で推移。ブラジル系などファンド勢の顔ぶれが多彩になってきた。信用市場の落ち善きで買収資金の借り入れが容易になったことが主因で、異例の金融緩和がM&Aをかさ上げしている面もある。ファンドと組んで長期的に経営を立て直そうとする米企業は多く、株式非公開化も増える見通しだ。、
 総額230億ドル(約2.兆1400億円)を投じる買収を受け入れ、非上場化を決めた米食品大手HJハインツ。米著名投資家ウオーレン・バフェット氏とともに共同買収者に名を連ねたのは、ブラジルのリオデジャネイロと米ニューヨークに拠点を置く投資ファンド、3Gキャピタルだ。
 「彼ほど優秀で熟練した経営者はいない」。バフェット氏が買収後の経営を託したのは3Gキャピタルの創業者、ジョージ・パウロ・レーマン氏。
2010年に米外食大手バーガーキングを買収し、株式を非公開化。その後、大胆な人員削減で業績を立て直し、短期間で再上場を果たした実績がある。
資金調達容易に
 米企業のM&Aは今年に入り前年同期比2倍のペース。活況の主役は同6倍で伸びる投資ファンドによるM&Aで、米市場全体の36%とファンドが全盛期だった金融危機前の06~07年を上回る。IT(情報技術)人手デルの創業者が実施する総額約244億ドルの巨額MBO(経営陣が参加する買収)も米投資ファンドのシルバーレイクが出資する。米カーライル・グループも、今年に入って米取引所の買収を検討していたことが明らかにな
っている。
 なぜ今、投資ファンドがM&Aに乗り出すのか。ファンドは買収先企業の資産を担保にして金融機関から融資を受けるレバレッジド・バイアウト(借り入れで資金量を増やした買収)の手法をとることが多い。欧州の債務問題が一服したことで信用市場が落ち善き、金融機関から資金を調達しやすくなっている。
 ハインツ買収ではJPモルガン・チェースなど米大手銀が約140億ごを融資すると決めた。デルの株式非公開化も大半は米欧金融大手からの資金の借り入れでまかなう。金融機関は、貸出債権を小□・証券化し高利回り商品として金融市場で販売。超金融緩和に伴
う低金利に苦しむ投資家がこうした証俗化商品に飛びつく流れになっている。
高値づかみ懸念
 買収ファンドに特有の「13年問題」もM&Aを急がせる理由だ。金融危機が表面化する前の05~07年。多くのファンドが年金基金や富裕層から巨額の資金を集めたが、使い切れていない。このままでは今年だけで約1000億ドルもの資金を投資家に返還する必要があるとの試算もあり、ファンドは買収を急がざるを得ないというわけだ。
 企業合併や買収は、産業の効率化を促す。投資ファンドの資金を活用すれば、非上場化するなどして経営者が大胆な改革につなげることも可能だ。
 ただ、ファンドがM&Aを焦れば競争激化で買収価格は上がりやすい。結果的に高値づかみを招くことになる。投資ファンドには米大手年金基金などが資金を投じているが、今後はファンドの投資収益の低下は避けられないとの見方もある。

日本、進まぬファンド活用 革新機構など政府系存在感
米国を中心にファンドのM&Aが増えているが、別世界なのが日本だ。今年だけで見
ると、日本ではファンドによるM&Aが全体の3%にとどまる。経営者には民間のファンド資金の活用に抵抗も強く、政府系の官製ファンドの存在感が相対的に高まっている。
 昨年12月には政府系の産業革新機構とトヨタ自動車などが半導体大手ルネサスエレクトロニクスヘの出資を決めた。この案件では米ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)が最有力とされていたが、土壇場で国内勢に押し切られた。
 一部の経営不振企業を除き、日本企業は財務体質が良好で外部の資金に依存しない傾向がある。ただある米投資ファンド大手首脳は「もう10年以上前からファンド資金を活用してほしいと言ってきたが、状況がまったく変わらない」と失望感を隠さない。米著名投資家のウィルバー・ロス氏は「日本は経済協力開発機構(OECD)加盟国で外資の直接投資の比率がもっとも低い」と指摘。日本企業の競争力向上のためには、ファンドを含めた外資の資金を取り込むべきだとしている。

2013.02.21

Career V International Ltd.

キャリアVインターナショナル社

〒141-0032 東京都品川区大崎 3-15-11
E-Mail : TEL : 03-5487-1285
URL : http://www.careerv.com/
QRコード
Copyright© 1997-2017 Career V International Ltd. All rights reserved.