Career V International Ltd.
World Map
キャリア転職・就職支援、求人情報サイト
|
 ホーム 
|
 お問い合せ 
|
 サイトマップ 
|
 個人情報保護方針 
|
 English Version 

企業トピックス

米の勝ち組、守備固め GMやキャタピラー、コスト削減強化

 米企業がコスト削減を進めている。ゼネラル・モーターズ(GM)は米国で年金債務の大幅削減に着手。キャタピラーは北米で人件費カットを強行する。いずれも販売が好調で2011年通期決算で過去最高益を更新したばかり。米景気の先行き不安や新興国の成長鈍化を受け、手元資金が潤沢なうちに守りを固める動きが広がっている。
 GMは退職者向け年金制度改革を発表。1997年10月以降に退職した11万8千人を対象に年金の一括支払いを提案する。上限は対象者の36%にあたる4万2千人。支払いが長期にわたる可能性がある年金の一括払いで260億ドル(約2兆円) の年金債務削減につながるとしている。年内に手続きを完了する。
 GMは米企業で最大規模の年金債務を抱える。かつて医療費負担と合わせ「レガシーコスト(負の遺産)」と呼ばれ経営を圧迫。09年6月の経営破綻の要因となった。現在も積み立て不足を抱えており、今年に入って年金改革に着手。9月末には将来の給付額が決まっている確定給付年金を凍結し、運用成績で給付額が変わる確定拠出型に統一する。
 キャタピラーは北米の工場で労使契約の改定に着手した。内容は工場によって異なるとみられるが中堅以上の社員は昇級を凍結。若手は実質的に賃下げするもよう。これに対し米イリノイ州の建機部品工場は5月からストライキを続けているが、同社は「従業員への提案に変わりはない」と強硬姿勢を貫いている。賃金が高止まりするカナダエ場は閉鎖を決定。
 両社とも11年通期決算で過去最高益を更新している。ただ、米国では雇用者数が1年ぶりの低い伸びにとどまるなど景気回復に停滞感が出ている。新興国も成長率が鈍化している。世界の景気悪化に先回りする形でリストラを断行し収益を維持する狙いだ。
 ダウ・ケミカルは化学品では巨額投資に動く一方、欧州での需要誠に備えて建材などを生産する4工場を閉鎖。IBMはドイツで人員削減を検討、ゼネラル・エレクトリック(GE)は工場閉鎖も含めたリストラを検討しているもようだ。
 清涼飲料大手のペプシコは全従業員の3%にあたる8700人を削減する。同社の11年通期決算は純利益が2%増の約64億ドルで、堅調な業績だが競争激化に備える。日用品大手プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)も6月までに1600人を削減するほか、一部部門の本社機能を香港に移す。

2012.06.16

Career V International Ltd.

キャリアVインターナショナル社

〒141-0032 東京都品川区大崎 3-15-11
E-Mail : TEL : 03-5487-1285
URL : http://www.careerv.com/
QRコード
Copyright© 1997-2018 Career V International Ltd. All rights reserved.