Career V International Ltd.
World Map
キャリア転職・就職支援、求人情報サイト
|
 ホーム 
|
 お問い合せ 
|
 サイトマップ 
|
 個人情報保護方針 
|
 English Version 

企業トピックス

世界ICTサミット2012

ビッグデータ分析カギ 独SAP共同CEO ジム・ハガマン・スナーベ氏
 ICTの進化は企業がコンピューターを使う機会を広げてきた。汎用機からクライアント・サーバー、インターネットにつながったパソコンヘと進化し、今はクラウドを利用して、情報システムを持たなくても、誰もがICTの恩恵にあずかれるようになった。
 SAPは「ERP(統合基幹業務システム)」の世界最大手だが、顧客の多くは自前でシステムを購入できる大手企業だ。クラウドを使えば中小企業でもネット経由でERPを利用できる。
 我々はこうしたクラウドベースのERPサービスを「ビジネス・パイ・デザイン(BBD)」と名付け、サービスを始めた。この仕組みなら、中小企業だけでなく、大企業の子会社などの需要にも応えられる。
 これからの情報システムは、企業内にあっても、クラウド経由で外部から調達してもいい。重要なことはデータ形式や操作性を一体化し、シームレスに使えるようにすることだ。その点でSAPは両方のニーズに応えられる商品とサービスを取りそろえている。
 さらに新しく登場したのが「インメモリーコンピューティング」という技術だ。大量のデータを半導体メモリーの上に置き、超高速に処理する。
センサーやソーシャルメディアなどから得られる「ビッグデータ」の解析が注目されているが、こうした技術を使えば、非常に短時間に情報を分析できる。
 SAPはインメモリー技術を「HANA(ハナ=高性能分析アプリケーションの略)」という名前で商品化した。欧米では流通企業や金融機関などが使い始め、顧客情報の分析などで大きな成果をあげている。日本ではフラワー(花)のことを「ハナ」と発音するそうだが、まさに新ビジネスを開花させる有力なツールが登場したといえる。

携帯端末とクラウドが変革促す  日経編集委員 関口和一氏
 「もうパソコンは持ち歩かなくなった」。独SAPのスナーベ共同CEOからこう聞いたのが2年前。企業の様々な情報をクラウドに置いておけば、携帯端末一つで世界を飛び回れるという話だったが、今や日本でも当たり前の光景だ。2年間で携帯端末が爆発的に普及、パソコンは一昔前の代物となってしまった。
 ソーシャルメディアは技術進化をうまく取り込んだ。フェイスブックの利用者が9億人に達した背景として携帯端末やクラウドの普及が見逃せない。携帯端末の世界販売台数は昨年パソコンを逆転、従来型の携帯電話も今年追い抜く見通しだ。携帯端末やクラウドの
情報はマーケティングにも応用できる。NTTドコモの「モバイル空間統計」は、端末の位置情報から人□移動の様子をリアルに再現した。日産自動車の電気自動車「リーフ」は、クラウドと連動して最寄りの充電スタンドを案内してくれる。
 福島原発事故を機にスマ‐トグリッドの導入も進むが、社会インフラを情報化するにもICTの力は欠かせない。今年の会議は、そうしたクラウドや携帯端末などが促す「スマート革命」に焦点を当てる。

2012.06.11

Career V International Ltd.

キャリアVインターナショナル社

〒141-0032 東京都品川区大崎 3-15-11
E-Mail : TEL : 03-5487-1285
URL : http://www.careerv.com/
QRコード
Copyright© 1997-2018 Career V International Ltd. All rights reserved.