Career V International Ltd.
World Map
キャリア転職・就職支援、求人情報サイト
|
 ホーム 
|
 お問い合せ 
|
 サイトマップ 
|
 個人情報保護方針 
|
 English Version 

企業トピックス

サムスン、スマホ世界首位

 スマートフォン(=スマホ)市場が韓国のサムスン電子と米アップルの2強時代に突入した。7~9月期にサムスンがアップルを抜いて初めて首位となったとみられる一方、アッ
プルも14日発売した「iPhone4S」を3日間で400万台賑売。スマホヘの収益依存度を高めている両社が競う構図が鮮明になってきた。
 サムスンの7~9月期の部門別収益は未公表だが、売上は前年同期比2%増の41兆弓(約2兆8700億円)前後となったもよう。部品事業を支えるDRAMと液晶パネルの価格下落にもかかわらず、増収を維持するのはスマホの効果だ。
 サムスンはアップル(1707万台)を超す2000万台後半のスマホを販売したとみられ、営業利益も事前のアナリスト予測平均を上回る14%減の4兆2000億ドル前後に踏みとどまった。
 サムスンは19目、米グーグルが開発した最新基本ソフト(OS) 「アンドロイド4・O」を採用したスマホ「ギャラクシー・ネクサス」を発表。11月に米国、欧州、アジアで販売する。日本市場ではNTTドコモが「ギャラクシー・ネクサスSCI04D」を発売する。
 一方のアップルは14日に日米など7カ国で売り出した新型「IPhone4S」を3日間で400万台販売。年末商戦は「記録的な売り上げになる」 (ティム・クック最高経営責任者=CEOもようだ。ただ、7~9月期の台数は4~6月期に比べて16%減。前年同期比で91]%伸びたものの、破竹の勢いは「一時停止になった」 (アナリスト)。米株式市場の時時間外で株価は一時7%超下落した。
  「当面は好業績が続くだろうが、革新的であり続けられるかどうかが課題」 (米メディア)。スティーブ・ジョブズ会長の死去に伴い、市場が抱いてきた過剰な期待がはがれるとともに、アップルの先行きに潜在的不安感が強いことを示した。
 販売規模を伸ばすサムスンだが、死角もある。日本勢が薄型テレビなどの値下がりで消耗したように、スマホも価格競争が激しい。例えば、アップルは現在、2009年発売の旧世代の「IPhone3GS」について、2年契約できる利用者には無償で提供。機器単体の販売競争では、収益を確保しにくい。
 サムスンはグーグルと組むことでアプリ(アプリケーションソフト)などを利用できるようにした。しかし、アップルはすでに2億人以上に楽曲やアプリを配信する仕組みを自社で築いており、大きく先行している。
 強力な指導者を失ったアップルと、次の展開で苦しむサムスン。特徴ある機器とサービスで利用者を囲い込む総合力が勝敗を分けそうだ。

2011.10.24

Career V International Ltd.

キャリアVインターナショナル社

〒141-0032 東京都品川区大崎 3-15-11
E-Mail : TEL : 03-5487-1285
URL : http://www.careerv.com/
QRコード
Copyright© 1997-2018 Career V International Ltd. All rights reserved.