Career V International Ltd.
World Map
キャリア転職・就職支援、求人情報サイト
|
 ホーム 
|
 お問い合せ 
|
 サイトマップ 
|
 個人情報保護方針 
|
 English Version 

アジア転職支援情報

グローバル展開推進 重点地域 東南アジア84% 社長アンケート調査

 社長100人アンケート」では、グローバル化を推し進める姿勢が鮮明になった。海外での生産規模を今後どうするかを聞くと、57.2%の経営者が「拡大する」と回答。力を入れる国や地域を複数選んでもらったところ東南アジアが84.5%で、中国やインドを大きく上回った。2013年の経営課題も「新興国など海外事業の拡大」が66.7%で最多だった。生産拠点のない企業を除くと約7割が海外生産を増やす意向を示した。
 対象地域は東南アジアに続き、中国が40.5%、「インドなど南アジア」が33.3%だった。
 13年度の設備投資額が12年度計画比でどうなるか地域別に聞く設問でも「上回る」「やや上回る」の合計が最も多かったのが東南アジア・インド(32.0%)。対日関係などのリスクが比較的低く、自動車や電機関連の部品産業の集積に厚みがある点が評価された。中国は14.9%で、米国は13.0%だった。
 13年の経営課題については3つまで尋ねた。「海外事業の拡大」に加え、「人材や組織のグローバル化」との回答も36.7%あった。経営者の2割は14年度に外国人の新卒採用を13年度計画より増やすと答えた。
 M&A(合併・買収)については、「積極的に相手を探している」とする経営者が28.6%で、「相手を探す準備をしている」が4.8%。「すでに交渉中の案件がある」 (8.2%)を含めると、4割強が積極姿勢を示した。
 これら経営者のうち75.4%は「中国など新興国」、72.1%が「欧米先進国」 (複数回答)の企業をM&Aの対象と答えた。国際競争力を高めるため「国内の同業大手との合併・買収も検討する」と回答した経営者も65.5%いた。
 海外シフトを急ぐ一方で、「国内雇用を維持ないし増やすとした経営者は83.7%に達した。アジアや米国の成長力を取り込み`稼いだ資金を還流しながら国内の雇用や投資を維持・拡大していこうとしている。

2012.12.29

Career V International Ltd.

キャリアVインターナショナル社

〒141-0032 東京都品川区大崎 3-15-11
E-Mail : TEL : 03-5487-1285
URL : http://www.careerv.com/
QRコード
Copyright© 1997-2018 Career V International Ltd. All rights reserved.