Career V International Ltd.
World Map
キャリア転職・就職支援、求人情報サイト
|
 ホーム 
|
 お問い合せ 
|
 サイトマップ 
|
 個人情報保護方針 
|
 English Version 

アジア転職支援情報

シャープ、中国開拓 新経営計画発表

 シャープは8日に発表した今後の経営戦略で、資本提携する台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業グループとスマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)の共同事業に踏み込むと発表した。中国向けスマホを共同で開発し、生産を鴻海に委託する。液晶パネルの主力拠点である堺工場(堺市)から鴻海へのパネル供給を7月に前倒しすることも表明。鴻海との提携を軸に業績回復を狙う姿勢を鮮明にした。
 スマホの共同開発・生産委託は2014年3月期から始める。電子機器の受託製造サービス(EMS)の世界首位で低コスト生産のノウハウを持つ鴻海と組むことで、コスト競争力を高める。1000~4500元(約1万3000~5万6000円)の価格帯を狙い、市場開拓で先行する韓国サムスン電子などを追い上げる。
 中国事業では、鴻海が中国・成都に計画中の中小型液晶パネルエ場に、シャープが最先端技術を供与することも最終調整している。
 6月末に鴻海との共同運営に切り替える堺工場は、当初計画では10月から生産量の5割を鴻海が買い取るとしていたが、これを7月に前倒しする。これにより、テレビの販売不振で現在約3割にとどまる稼働率を9割まで引き上げる。
 また、堺工場の運営会社シャープディスプレイプロダクト(SひP)に7月、現在はシャープ本体にある大型液晶パネルの事業部門を移管する。同部門の従業員のほぼ全員にあたる約1300人を移す。
 都内で記者会見した奥田隆司社長は「テレビや携帯電話などデジタル商品はもはや技術だけで勝てる分野ではない」と指摘。そのうえで「生産量と調達力に優れた鴻海と新たな事業モデルをつくる」と話した。また、鴻海からシャープ本体への約9.9%の出資時期については、「最終段階にあり、(近く)予定通り払い込まれる」との見通しを示した。
 メーカーにとって成長の糧である設備投資額を今期は前期比16%減の1000億円まで抑制、約1兆1500億円まで膨らんだ有利子負債の削減を優先する。鴻海との協業で当面は収益を底上げしてしのぐ。
 シャープは前期の連結最終損益が過去最悪の3760億円の赤字に落ち込み、今期も同300億円の赤字を見込む。「積極果敢に挑む」と会見で何度も繰り返した奥田社長だが、単独での事業展開については多くを語らなかった。
 鴻海の中国工場では4日夜従業員の暴動が発生しており、「鴻海頼み」にはリスクもある。
シャープ単独の事業でも成果を上げることが求められそうだ。

2012.06.11

Career V International Ltd.

キャリアVインターナショナル社

〒141-0032 東京都品川区大崎 3-15-11
E-Mail : TEL : 03-5487-1285
URL : http://www.careerv.com/
QRコード
Copyright© 1997-2018 Career V International Ltd. All rights reserved.