Career V International Ltd.
World Map
キャリア転職・就職支援、求人情報サイト
|
 ホーム 
|
 お問い合せ 
|
 サイトマップ 
|
 個人情報保護方針 
|
 English Version 

アジア転職支援情報

中国 急成長を支える労働力 農村部から都市部へ 工場需要で大量流出

 21世紀に入ってからの中国の経済成長は急だ。名目の国内総生産(GDP)でみると、米ドル換算で2001年1兆3248億ドルだったものが10年には5兆7451億ドルと4.3倍以上増加した。この間、日本の名目GDPは4兆954億ドルから5兆3909億ドルと約1.3倍になっているが、これは円高の進行によってドル換算の数字が膨張したからで、実質的にはほとんど伸びていない。10年には、中国のGDPは日本を追い抜いて米国に次ぐ世界第2位に躍り出た。
 中国の経済発展は都市部が中心である。全体の経済成長の中で農村部も所得水準が上昇しているが、都市部の成長スピードとはかなり差がある。
 その結果、大量の工場労働者の需要が発生している都市部に向かって、農村部からの人口流出が進んでいる。中国統計年鑑などの資料によると、1990年代後半から急増し始めた流出入口は2000年代前半まで年間1700万~1800万人の高水準を記録した。
2000~09年の10年間だけでも、農村部からの流出の累計は約1億5000万人規模に達するものと推定される。
所得水準の高い都市生活者の増加、さらに農村部の着実な所得増加によって、中国全体での貧困層の比率は低下してきた。1日2ドル以下の所得しかない貧困舗の人口比率は中国では05年の36.3%から急速に低下し、10年には18.2%へと5年で半減している。同じように経済成長の著しいインドの貧困願率が05年に75.6%、10年に69.5%と低減テンポが鈍いのと比較すれば、中国の所得水準がいかに急ピッチで上昇しているか分かる。       ・ぃ
 所得水準の上昇に伴って高額の商品が購入対象に入ってきた。住居、家電、高級良材など幅広く市場が拡大しているが、さらに象徴的なのが自動車の国内需要の増加である。一般の乗用車のほかに、トラックや営業車も販売台数が増加してきた。
 中国自動車工業協会のまとめによると、11年の中国国内販売台数は1850万台と過去最大だったが、前年からの伸びはわずか2.5%にとどまった。09年に対前年伸び率51.6%、10年に同32.1%と2年連続で高成長を続けてきた勢いにブレーキがかかった。とはいえ、09年には1367万台と販売台数は初めて1000万台を超えて世界最大の販売国に、さらに生産台数でも世界一に躍り出て、名実ともに世界トップの自動車大国となった。       
 国内の販売市場の拡大テンポが鈍化したのに合わせて、力を入れ始めたのが輸出である。11年の輸出台数は85万台で、国内販売台数に比べるとまだ4.5%程度だが、これは中国の自動車産業の歴史が新たなページを開く転換点と言える。

2012.05.30

Career V International Ltd.

キャリアVインターナショナル社

〒141-0032 東京都品川区大崎 3-15-11
E-Mail : TEL : 03-5487-1285
URL : http://www.careerv.com/
QRコード
Copyright© 1997-2018 Career V International Ltd. All rights reserved.