Career V International Ltd.
World Map
キャリア転職・就職支援、求人情報サイト
|
 ホーム 
|
 お問い合せ 
|
 サイトマップ 
|
 個人情報保護方針 
|
 English Version 

アジア金融転職支援情報

東南アジアでの融資急増 シンガポール・マレーシアの有力銀

 シンガポールとマレーシアの有力銀行が東南アジア域内で融資を急速に増やし、M&A(合併・買収)にも積極的に乗り出している。欧州の銀行が金融危機から営業を縮小し、域内の銀行が空白を埋めている形だ。東南アジアに活路を求める邦銀の手ごわいライバルとして浮上している。
 シンガポール三大銀行グループ(DBS、OCBC、UOB)の4~6月期決算は、いずれも10%強の最終増益となった。好業績は融資の伸びによる。3行合計の期末貸出残高は5000億シンガポールドル(31兆5000億円)と前年同期比17%増えた。人口500万人の都市国家シンガポールにこれだけの貸出先はなく、けん引役は周辺諸国などへの海外融資だ。
 1~6月のアジアでの協調融資組成額のランキング(日本除く、トムソン・ロイター調べ)で3行そろって10位以内に入った。かつてはアジアの貸出市場で大きな存在感を誇った独仏伊やオランダなどユーロ圈の銀行は上位から消えた。足元の價務危棚に伴う損失でアジアに資金を回す余裕を失っている。
 逆にシンガポール勢が大企業や大型プロジェクトの資金需要に応じられるのは「信用力と資金調速力で優位にある」 (OCBCのサミュエル・ツェン最高経営責任者)ためだ。シンガポール国債は数少ない「トリプルA」格付けで通貨も安定しており、貸出通貨の米ドルの調達に有利だ。
 マレーシアの二大銀行も攻勢を強めている。同国2位のCIMBは4月、リストラを急ぐ英大手銀RBSのアジアにおける投資銀行部門を総額8億5千万リンギ(210億円)で買収した。RBSとの長期的な包括提携も併せて締結。新興国の銀行に移籍する旧RBSの人材に安心感を与える周到な手立てを講じた。
 最大手のメイバンクは昨年、東南アジアの有力証券キムエン(本社シンガポール)をTOB(株式公開買い付け)で買収。キムエンの大株主だった三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)は反発したが、ほかの株主とは水面下で話がついており、キムエンの株を手放さざるを得なくなった。
 邦銀も手をこまぬいているわけではない。邦銀のアジアヘの投融資の規模を示す与信残高は2011年末に約2100億ドル(約16兆円)と前年に比べ24%増え、過去最高に達した。
 2月には三井住友銀行がインドネシアの水力発電事業に総額で約140億円の協調融資を主幹事としてとりまとめたほか、三菱痢京UFJ銀行もアジア域内の高炉建造事業に総額で約830億円を海外金融機関と協調融資した。
 シンガポール、マレーシア政府は、1990年代後半のアジア金融危機を教訓に国内の銀行再編を徹底。巨大外資に対抗できるよう自国の大手銀行に有利な収益環境を整えたのが、実を結びつつある。欧州銀が後退し草刈り場となった東南アジアでは域内大手と邦銀の競争が激しくなりそうだ。

2012.08.14

Career V International Ltd.

キャリアVインターナショナル社

〒141-0032 東京都品川区大崎 3-15-11
E-Mail : TEL : 03-5487-1285
URL : http://www.careerv.com/
QRコード
Copyright© 1997-2018 Career V International Ltd. All rights reserved.